捨てて行った甕詰め死体

困って置き土産にして行った
 時雨女史のお弟子



 二三日前世田ヶ谷町北澤に引越して来た☓☓健といふ人は、引越当日より階下四畳半にある悪い臭の高さ一尺の甕を不審に思ひ二十七日午前頃世田谷署に届出た。

同署

で調べたところ生後六ヶ月の幼児の腐敗死体であったので、警視庁鑑識課に報ずると共に犯人捜索に努め、同日午前十一時ころ世田ヶ谷太子堂松本△△内縁の妻片岡○○を捕へた。
 同女は十九歳の時長崎県立高女を卒業し、同年四月文壇文士にならんとして上京し、下谷区に一間を借り自炊生活を営み、文士長谷川

時雨

女史について文学を、故栗原玉葉女史について南画を半年研究中。松本は文士生田春月氏の門人であり且つ伊藤深水氏について絵を習って居た内、いつか恋仲になり本所柳島元町に同棲し原稿生活をして居たが大正一三年十二月二十二日次男が生れて間もなく病気になったので芝赤羽の済生会病院に

入院

させたが、一四年六月十二日死んだものの埋葬費がないので死体を甕に入れ自宅に置き昨年十二月廿四日前記下北澤へ引越して来たもので、松本が樺太に出張して女の腕で家賃も払へぬので太子堂に引っ越した時、甕をおいて行ったものだと判明したので死体遺棄として検挙した。

読売新聞 昭和二年三月二十八日

瓶詰の地獄 (角川文庫)
角川グループパブリッシング
夢野 久作

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 瓶詰の地獄 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

スーパーレディ長谷川時雨―時雨作品を楽しみながら
ドメス出版
森下 真理

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スーパーレディ長谷川時雨―時雨作品を楽しみながら の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

白き瓶―小説長塚節 (文春文庫)
文藝春秋
藤沢 周平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 白き瓶―小説長塚節 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック