お蔵で眠る「安吾捕物帳」

著者・出版社国税局が三すくみ
 検印拒んで八ヵ月
  坂口氏めぐり出版騒動



 終戦後「堕落論」をモノして流行作家となって以来、睡眠薬の飲みすぎで入院したり、競輪の八百長を告発したり、「税金」にペンで戦いを挑んだり、ハデな話題をまいた坂口安吾氏(四七)が今度は自著の「安吾捕物帳」第三集の検印紙に「判を押すのはいやだ」と拒み続けること八ヵ月におよんでいる。
 この坂口対出版社のニラミ合いに東京国税局が一枚加わって三すくみとなり、このため出版社の日本出版共同株式会社では、とっくに製本済みの「捕物帳」五千部がホコリにまみれて眠り、暮だというのに「えらい損害だ」と嘆いている。
 
 当事者の話をまとめると、”安吾大いに怒る”は、去る二月、出版共同社と坂口氏との間に「明治開花安吾捕物帳」全三冊を継続出版する契約がまとまったときから始まる。まず、「第一集」は四月一日付で発行され、出版共同社は坂口氏に印税として七万六千五百円を支払った。
 ところが第一集が発行されて数日後、東京国税局特別整理課から「坂口氏の著作、単行本印税の一切は著者に二割、国税庁に八割納入する」という坂口対国税局で締結した協定書を持った係員が同社に乗り込み、「第一集の印税もこの割合で八割を納入するよう」と申入れた。驚いた同社では「印税はすでに著者に支払い済みで納入できない」と回答する一方、同社の谷井企画課長が坂口氏宅を訪れ事情を報告した。
 この時の坂口氏は「止むを得ないネ」といい、続いて準備中の「第二集」の検印にも応じた。
 その後東京国税局は、「債権差押通知書」により「第二集」「第三集」各五千部の印税合計十五万三千円を差押えたが、「第二集」は検印があるので五月一日付で発行された。
 出版共同社では続いて「第三集」の発行にかかり、検印紙を社員が持参したところ、坂口氏から「責任者を寄越せ」と玄関払いを食い、二日後に訪問した谷井企画課長には「税務当局には忠実で、著者には同情が足りない」と検印を断り、それ以降は福林社長が面会に行ってもダメで、数回にわたって検印を頼んだが、ガンとして応じないわけである。
 この間、出版社の頼みで某氏があっせんに乗出し、印税差押えの配分を協定の八対二から六(国税局)対四(著者)ということに国税局は了解したが、坂口氏はそれも受け付けず、東京国税局もごうを煮やして、「この上は坂口氏の印税でなく著作そのものを差押え、国税局が検印して断固出版すべし」という論も出たが、「余り刺激が強すぎる」と強攻策は立消えとなった。
 出版社も推理小説流行の折柄、せっかくの「捕物帖」を著者とケンカしては出せないのでタメ息ばかりついており、この三すくみは歩み寄りの気配も見られぬまま年を越しそうである。
 

金ではない、気持ちの問題だ


 

坂口安吾氏の話


 「安吾捕物帖」を出版共同社から出すとき、印税は約束のときに半額、検印の時に残り半額を支払うという契約書が交わされていた。それなのに私の滞納に対し国税庁が、その印税を差押えに行った時、すぐに知らせてくれてもよいはずなのに相当の日数が経ってから知らせてきた。おかげで第一集は半分印税が入ったが、第二集は一円の印税も受取っていない。けれどもこれは決して金の問題でなく気持ちの問題だ。
 同じケースが筑摩書房の「信長」の場合にも起こったが、これは筑摩書房の社長がすぐ来てくれたので了解がついた。出版共同社の場合はその点少しの誠意も認められないから第三集の検印を押すことを断っている。

出版社に気の毒


東京国税局榎本特別整理課長の話


 坂口氏は数年前から税金闘争を筆に口にしていたが、今は弁護士を通じて「納得がいく線なら収めよう」と協力していただいており、二十七年度から完納していると聞いている。いま坂口氏との間に引っかかっているのは二十三年度の医療費控除の問題だけで資料の提出を待っているところだ。
 出版社側に気の毒なので私の方からも人をやって「問題は別だから検印を」と口添えしたこともあるが聞き入れてもらえない。

気まぐれは迷惑


「出版共同」福林社長の話


 当方であらゆる誠意を尽くしているのに、個人的感情だけで片付けられては迷惑だ。
 私の方では著者はもちろん大切だが、国税局の令書にも従わなくてはならぬ。
 これは坂口氏自身が解決してくれぬ限り、どうにもならぬ問題だ。
 気まぐれで処理されてはかなわない。

朝日新聞 昭和二十八年十二月十五日


明治開化 安吾捕物帖 (角川文庫)
角川グループパブリッシング
坂口 安吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 明治開化  安吾捕物帖 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



東京国税局査察部 (岩波新書)
岩波書店
立石 勝規

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東京国税局査察部 (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



桜の森の満開の下・白痴 他十二篇 (岩波文庫)
岩波書店
坂口 安吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 桜の森の満開の下・白痴 他十二篇 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック