同棲十年の良人を捨てゝ 白蓮女史情人の許に走る (1)

東京駅に伝右衛門氏を
 見送り其儘姿を晦ます


 その美しさと金の力とから筑紫の女王とまで謳はれ、新しき女流歌人としては白蓮女史で通った伊藤燁子は、過日来良人伝右衛門氏と相携へて上京、日本橋数寄屋町島屋旅館に滞在してゐたが、二十日午前九時三十分東京駅発の特急列車で良人伝右衛門氏を一足先に郷里福岡に送り踊らしめると共に、自分は旅館へも帰らず何処へか姿を隠してしまった。この不思議なる行動の裏面を各方面に亙って調査すると、そこには驚くべき近代的戯曲の風景(シーン)が痛ましくも展開してゐたのである。

悩みの生に
 新しく得た愛人


支那浪人滔天氏の息
 夫人とは六歳下の
  法学士宮崎龍介君



 歌集「踏絵」の一巻や「几帳の蔭」やさては「幻の華」の作者として一代の歌人白蓮女史 - それは知らるゝ筑紫の国の女王として九州福岡の炭砿王、百万長者伊藤伝右衛門氏の婦人燁子の名である。
 歌集全巻数百首の歌を通じて迸る沈痛哀怨の情緒は悉くこの世の悩ましい「生」に対する

呪詛の結晶


と見れば見られやう。
 これら久しく求めて求め得なかった心の満足と、覚めようとして覚め得ず柔肌の胸の奥深く滞在して居た心の閃きとは。
 いま卒然として夫人が十年伝統の懊悩に覆ひつゝまれ来った殻を破ってしまった。
 燁子夫人は遂に堪へかねて老いたる伝右衛門氏の許を去ることになり、若い新しい愛人を求めて初めて生の明るさに向かった。
 夫人は数日前夫伝右衛門氏と連れ立って九州から上京し、いつも定宿として居る日本橋の

島屋旅館に

その美しい彫物のやうな姿を伝右衛門氏の側に見せて居た今度の上京は、燁子夫人の近親である入江為守子爵が東宮侍従長として渡欧の大任を果たした慶びに来たのだと云って居るが、それは兎(ト)もあれ夫人は之を「伊藤」姓の名残として、つい一昨日伝右衛門氏と別るゝこととなった。
 夫人が名も富も閥も軽々と捨てゝ求め得た愛の対象は誰であらう。それは悶えの裡に慌たゞしくも若さの過ぎた三十六歳の自分よりも

六つの年少

支那浪人として聞こえた市外高田町三六二六宮崎滔天氏の息で弁護士法学士宮崎龍介君であった。
 夫人が斯うしなければならぬ様に運命づけらるゝに至ったのには、たゞ行き詰まるべき当然の道筋を辿ったものだとは燁子夫人自身が云っている言葉である。柳原二位局の姪に当たり、系統幾代の宮官には尊いゆかりの血潮も流るゝ名門柳原伯爵家の姫と生れて、貴族院議員当主義光伯の妹
 それは良人としては余りに老い過ぎた。
 そして無学な伝右衛門氏であるとしても、百万長者の黄金の国に住まふ豪奢な生活をわれから脱却して、弁護士としても開業早々の貧しき支那浪人の子に激烈な愛着を傾けたことはあまりに奇しき運命の綯ひであった。夫人が突然身を隠したに就いては宮崎君と諒解のあるを勿論であらう。

白蓮夫人

画像

<<(2)へ続く>>
大正十年十月二十二日 東京朝日新聞


踏繪
ながらみ書房
柳原白蓮

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 踏繪 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

白蓮れんれん (集英社文庫)
集英社
林 真理子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 白蓮れんれん (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

流転の歌人 柳原白蓮―紡がれた短歌とその生涯
NHK出版
馬場 あき子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 流転の歌人 柳原白蓮―紡がれた短歌とその生涯 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック