同棲十年の良人を捨てゝ 白蓮女史情人の許に走る (5)

<<(4)より続く>>



宮崎君の告白
 燁子を救ってやるのは僕の義務です
  親爺には叱られるだらう


 相愛に結ばれた白蓮夫人と宮崎君とは、これからの後は行くべき所迄行く覚悟であらうが、愛人宮崎君はどう考へてゐるか。昨二十一日小石川関口町の事務所に同君を訪ねると、

やゝ驚ける態度にて

語った。
 「今更隠しても仕方がありません。燁子との恋愛関係については僕は決して否定しません。三年前別府で脚本刊行の交渉以来知り合ひになったので、それ以来僕等の間に自然とある親しみを描くやうになったのです。燁子も可愛相だと同情します。十年間伊藤家にあって

苛まれた生活は

今日燁子が自覚の前提だから、寧ろ僕から見れば伊藤家に感謝してもよからうと思って居ます。然し燁子は賛成しません。それだけ十年の荒らしに荒らされた生活の痛苦が偲ばれます。或いは触るべき制裁がありませう。然し僕は何処迄も救ってやりたい。僕によって生きて行かうとするならば救って行くは僕の義務です。燁子は

至って聡明な

性質(たち)の女だと思って居ます。無論今となっては我々は行くべき所まで行くつもりです。燁子は何処に行ったか、僕としてはその行方は知りませんといふより外お話は致し兼ねます。只今夜これに対して色々の障害が襲ひくると思ひますし、第一僕の父などは

あの通りの頑固者

ですから、頭からドヤしつけられると思って居りますので、事件は全て円満に解決する迄、夫々僕としても考へなくてはなりますまい」
 二人はいづれ時を待って新生活に入るべく堅い決意を持って居るが、伊藤伝右衛門氏の今後取るべき態度はどうであらうかゞ興味ある一つの問題として保留されて居る。

滞京は僅か三日
 良人を見送って東京駅へ

島屋女中談


 白蓮夫人の定宿である日本橋数寄屋町島屋旅館を訪ふと、伝右衛門氏夫妻の室の受持だった女中さんは語る
 「伊藤さんは廿日の朝の特別急行で福岡に帰られるといふので

旦那様も奥様も御一緒で

手前共を御立ちになりました。それに先方から女中さんが一人づつついて来れました。御立ちになる時に、何だか奥様だけお一人は二三日東京に出てこられますが、その時分はいつも手前にお泊りになります。多くて十日か一週間程度の御滞在ですが、

今度は三日程でした。


 自動車を呼んで御二人とも御立ちになりましたが、この以前も奥様一人残られる時には実家の柳原様へ御越しになるように承っております。今度も大方さうぢゃありますまいかと思って居ります。宿では御二人の室も御一緒ですし、いつだって別段の事もありません。旦那様へも奥様へも訪ねて来られるお客様も沢山あります奥様へも歌の方のお知り合いだといふ御夫人もあれば、男の方も時折お見えになります。旦那様もやさしい方ですし、奥様も本当にお優しい方です。」

柳原伯は旅行中
 伊藤夫人は訪問せず


 夫人の実家に当たる麻布桜田町の柳原伯爵家を訪ねると、伯爵は関西旅行中で不在であったが、同家執事は怪訝なふうで語った。
 「伊藤さんの奥さんですか。この間主人と御一緒に東京に来ておられた様です。いつもの日本橋の島屋旅館から電話でお知らせがありました。伊藤さん達も何でも昨日か一昨日福岡の方へ御立ちになった筈ですが、東京に御出での都度何時もお見えになりますが、今度は御出でになりません。御手紙も近頃は参りませんが御変りもありますまい。」との話であった。

伝右衛門氏の消息


 伊藤伝右衛門氏は二十日午前九時三十分東京駅発特急列車にて京都に向ひ、同地に一泊の上二十一日午後七時四十四分発特急にて郷里幸袋に向け帰ったが、二十二日午後零時四十分福岡に着く筈である

夫人の行方
 謎の自動車は何処へ
  「お大切に」の言葉に送られた伊藤氏


 燁子夫人は何処へ身を隠したのか。市外高田の愛人宮崎君の許には無論居ない。小石川関口町の事務所には居ない。実家に当たる麻布桜田町の柳原家に訪ねても夫人は居ない。入江子爵の家にも居ない。歌の友人である姻戚の

吉井勇氏

の許はどうかと見ても、自宅は勿論相州片瀬の別荘にも夫人の姿は見えなかった。何処へ隠れたであらう恰度伝右衛門氏の東京駅から立つ日の朝には駅に駆け付けた三千八百四十二号の自動車からは、折鞄を手にした伝右衛門氏の後から燁子夫人も静かに現れた。そして待つ間を暫らく夫人待合室に入って、何気ない様子で話していたが、汽車の出る十分程前に二人は

改札口を入って

下関行二等に乗った。燁子夫人は「御大切に」と見送りの言葉を残してそして汽車が動き出すと急ぎ足に階段を下りて出て行った。そして待って居た件の自動車に再び身を隠して堀端通りをいづくともなく去ってしまった。
 何処へ?これからの運命はどうならう?

大正十年十月二十二日 東京朝日新聞

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック