離婚話肩すかし 藤原義江夫人帰る

 藤原歌劇団と共に渡米、サンフランシスコに滞在していた藤原義江夫人あきさん(53)は、先月三十日サンフランシスコを発ち、十六日朝新潟に入港した飯野海運貨物船青島丸(6400㌧)で新潟市に上陸。友人の大迫倫子さんらに出迎えられて、同市室長旅館に落ち着いた。
 紺のスーツ、白のスカーフ姿のあきさんは、伝えられる義江氏との別れ話について、記者団に次のような談話を同船会議室で発表。
 離婚の噂話については、否定も肯定もせずに「面白い話だ」と逃げ、「大迫さんら友達五、六人に家を探してくれるように頼んだのは事実だ。今度の興行の失敗は、アメリカの興行師に食われたのが原因で、詳しいことは先に帰った川崎、宮本、森さん達に聞いてもらいたい。これからの日程は友達に任せてある」と語った。
 

私は愛している


 談話
 いろいろの事情で今度の米国興業はうまくいきませんでした。私は藤原のお荷物になりたくない。夫を身軽にさせたいと思って帰りました。私が夫を愛しているからです。
 

これからどう生きてゆく


 大迫さん談
 新潟まで出迎えに来た大迫さんは港で藤原夫人との面会を待つ間、藤原夫人が「私は夫を愛しています」との談話を出したことについて、ギョッとした顔つきで次のように語った。
 五、六回もらった手紙で、トラブルがあるのは確かで、「女は悲しいものです」と言ってきた。あきさんが家を探しているとのことは知りませんが、いつも藤原さん一家は港区氷川町の歌劇団研究所におりました。あきさんはどちらかというと古風な型の従順な人で、まだ愛していることは間違いないとしても、これからどういう生き方をとるか判りません。
昭和28年11月16日 朝日新聞

我等のテナー 藤原義江
ビクターエンタテインメント
2013-12-18
藤原義江

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 我等のテナー 藤原義江 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

藤原義江―流転七十五年 オペラと恋の半生 (人間の記録 (73))
日本図書センター
藤原 義江

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 藤原義江―流転七十五年 オペラと恋の半生 (人間の記録 (73)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ノイズレスSPアーカイヴズ 鉾をおさめて/藤原義江<日本歌曲編>
日本伝統文化振興財団
2009-10-14
藤原義江

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノイズレスSPアーカイヴズ 鉾をおさめて/藤原義江<日本歌曲編> の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック