皇太子様、きょう誕生日

 今日23日は皇太子様の満28歳の誕生日。  ご結婚後すでに3年余り、お子様浩宮様も健やかに成育されて、一家の主人としてすっかり落ち着きを見せてこられた皇太子様だが、そのご日常は将来の天皇としてのご勉強と、皇太子としての公的なお仕事でとてもお忙しい明け暮れである。  今日のお誕生日は、午前中、各宮様方や旧皇族、宮内庁、東宮職の人達か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空と風にあこがれて 小川安夫

放浪詩人が個展 身体障害も苦にせず  -銀座-  小川さんは群馬県高崎市に生まれた。高校三年のとき谷へ落ちて脊髄を痛め、その後肺もおかされて不具になった。十八歳のある日父ひとりの家から旅に出た。ゴム長ばき、背中にコウモリ傘一本、頭に登山帽を乗せて・・・。  身障者手帳があるから旅費は五割引。メシと宿は出たとこ勝負。コジキのねぐらに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルツ未亡人 十日に葬儀

 我が国医学界の恩人として、また草津温泉開発の恩人として知られる故エルヴィン・ベルツ博士の未亡人花子刀自は、かねて胃がんのため東大病院に入院加療中であったが、7日午前7時30分死去。  個人の遺志により遺骸は緒方知三郎博士の執刀のもとに解剖に付した。享年74。  花子刀自は、明治9年3人目の外人内科教授として来朝したベルツ博士の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝国ホテル 取り壊し一応延期

文相、社長を説得  帝国ホテル旧館の保存にのり出した鈴木文相は、文部省に犬丸徹三同ホテル社長を招き、約1時間にわたり保存に協力するよう説得した。  この会談で犬丸社長は、新築の計画はもはや変えられないが、取り壊し工事を1ヶ月半ほど延ばし、保存運動を進めている各団体代表と話し合うことを了解した。   この会談で犬丸社長は、旧館がとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新橋-羽田間にモノレール

時速60キロで15分 新春に着工 三年がかり  運輸審議会は22日、国電新橋駅前と羽田空港を結ぶ日本高架電鉄のモノレール14.2キロの路線を免許するよう斎藤運輸相に答申した。  このモノレール計画に対して東京都は今までに、都市計画事業として総合的な計画路線を建てるべきであると主張。異論を唱えてきたが「大都会でのテストケース」として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュノーケルは無害

業者代表 16府県に異議申し立て  この夏、全国で14人の水死者(うち少年11人)を出した簡易水中呼吸器シュノーケルについて、全国37道府県が児童福祉法、青少年保護育成条例などを適用、危険なおもちゃとして発売金措置や禁止勧告をした。  ところが、業者代表はこのほど、勧告より厳しい禁止措置をとった16府県の知事に対し、「シュノーケルは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緒方竹虎氏の死

書物の上に祭壇  遺産 簡易保険の六万円だけ  黒リボンを巻いた緒方さんの写真の前に、ジャム付きのパンが一切れ供えてある。写真は昨年の選挙の時のもので、どこか笑いを含んだ元気な顔。前に「明徳院殿大道良観大居士」の白木の位牌。花輪も供菓も見当たらぬ簡素な祭壇である。  東京五反田の故緒方竹虎邸は、このあたりのお屋敷街ではいささか見劣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳川幕府の名残り 道路拡張で取り壊し

由緒深い植物園の正門  徳川幕府当初から現存している小石川植物園の正門が、市の道路拡張工事のため、近くその古風な黒門が取り壊され、姿を隠すことになった。  元来この門は、徳川幕府が設けた薬園時代に建築されたもので、初め五代将軍綱吉の幼時、白山御殿と称して居邸であったものを八代将軍吉宗のときに壊して薬園として開いた。  この正門は当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more