前ロシア帝ニコライ2世と家族の謎の遺骨判る

転々、今はパリ郊外に葬られる
 前ハルビン米副領事から洩れる


画像
 帝政ロシアの最後の犠牲者ニコライ2世とその家族の遺骨の行方については、現在史上の秘密として残されているが、本日のニューヨークタイムズ紙は、前ハルビン駐在米副領事フランクリン・クラーキン氏の口から洩らされた小説的事実を発表した。
 伝えられるところでは、ニコライ2世とその一族は1918年エカテリンブルグにおいて、ボルシェヴィストの頭目ユールコウスキーらの手で銃殺され、遺骸は現場付近で遺棄されたことになっている。が、クラーキン氏の語るところによると、その遺骨は1919年末赤軍の目をかすめて米国領事館用列車でオムスクからハルビン、それから上海へ、次いでイタリーのある港へ、そして結局フランスに到達し、現在はパリ郊外のフランス軍司令官ジャナン将軍家の墓所に葬られているということである。
 更にタイムス紙の報告するところによれば、ジャナン将軍の近著の中にも、それらの遺骨が同家の墓所に納められていると記述されているから、これは確実とみてよい。

 昭和5年12月21日 読売新聞
最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記 (講談社学術文庫)
講談社
2014-10-24
保田孝一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最後のロシア皇帝ニコライ二世の日記 (講談社学術文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

最後のロシア皇帝 (ちくま新書)
筑摩書房
植田 樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最後のロシア皇帝 (ちくま新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ロシア皇帝歴代誌
創元社
デヴィッド ウォーンズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロシア皇帝歴代誌 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック