ニコラス2世の家族が幽閉された家の持ち主

元鉄道技師のニコライ氏来朝  悲惨なる当時の光景を語る薄暗い地下室の床と壁に  未だに残る血と弾の痕  ロシア廃帝ニコラス2世が幽閉されたエカテリンブルグの建物の持ち主という人が数日前ハルビンから横浜へ来た。その人はニコライ・ニコライウィッテ・イバチエフと呼び、元ロシアの鉄道技師で、エカテリンブルグに広大な邸宅を所有している。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新発売 マツダオートクール

2トン積 ハンドルチェンジ 丸ハンドル 3人掛シート 東京マツダ販売株式会社 日本オート三輪友の会  昭和32年10月29日 朝日新聞 1/32 オーナーズクラブNo.18 '56 マツダ オート3輪マイクロエース Amazonアソシエイト by VALENTI(ヴァレンティ) ステアリングオーナメント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋美術館、年内にも着工 コルビュジェ氏の設計

無窓の二階建て  予算たりず修正  旧松方コレクション376点を受け入れるための国立西洋美術館の建築工事は、早ければ年内にも始められる。完成には10ヶ月から1年かかる見込みだが、この建物はフランスの名建築家ルコルビュジェ氏の設計によるもので、その出来ばえが期待されている。  松方コレクションは戦時中、敵国資産としてフランスに没…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオリン修行に米国へ 異例の入学許可

在浜米国文化人が世話  横浜在住のアメリカ人文化関係者らの努力によって、日本の若いバイオリニストのアメリカ留学が決まり、地に足のついた日米文化交流の現れとして話題を呼んでいる。  横浜市の鈴木秀太郎君(18)=神奈川県教育長秀三氏長男=がこの主人公。  4歳にもならないうちから「才能教育」の鈴木鎮一氏に師事、さらに鷲見三郎氏や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正解、手足でサイン 元警官ら取り調べ

佐賀 126人に不正免許  福岡県警交通指導課と柳川署は、佐賀県警運転免許試験場を舞台に、手足によるサインで受験者に正解を教え、免許証を不正取得させていた自動車学校指導員と元神戸市警巡査ら11人を道交法違反で取り調べ、不正に免許を取得した者が126人にのぼることが判った。  調べによると、不正試験の斡旋役6人と合図役5人に分かれ、昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前ロシア帝ニコライ2世と家族の謎の遺骨判る

転々、今はパリ郊外に葬られる  前ハルビン米副領事から洩れる  帝政ロシアの最後の犠牲者ニコライ2世とその家族の遺骨の行方については、現在史上の秘密として残されているが、本日のニューヨークタイムズ紙は、前ハルビン駐在米副領事フランクリン・クラーキン氏の口から洩らされた小説的事実を発表した。  伝えられるところでは、ニコライ2世とそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more