令嬢を監禁する迄 小説家島田清次郎の罪

前報参照

悲劇の芽は五六年前に彼女が彼に送ったあこがれの手紙


 英文豪ガルズワージーの自称親友の小説家、島田清次郎が某名家の令嬢貞子(彼女の名誉のため仮に二人が逗子の養神亭に泊まった時の名にしておく)を脅迫監禁した事件につき、貞子の長兄貞一氏(仮名)の詳細の談話を事件の一面を知るために掲げる。
 文学中毒の娘を持つ親達の参考になるべく、事件としても丸で西洋の探偵物にでもありさうな奇怪な物語で、貴族院議員T氏の名が出てくるなど事件を彩るに十分であらう。
 以下貞一氏の話である。
 
 島田の小説「地上」の第一巻が出て文壇に嘖々されたころ、私の妹貞子は府立第○高女の二年か三年で十六七であったが、其の小説を読んで感心して島田に手紙を出した(かういふ事は今度の事件が起って初めて解った事だから其のつもりで聞いてください)が、恐らく当時は様々の人から手紙を受け取っていたらしい島田は妹の手紙に返事を寄越さなかった。
 所が今年の正月に島田が郷里金沢から出した活版刷の年賀状が来て、妹は矢張りそれに年賀状を出した。
 すると二月中旬にまた島田が代々木に転居した通知の葉書が来て余白に

「お遊びにお出で下さい」


とペンで書いてあったが、妹は返事も出さずに行かなかった。
 それは恐らく私や弟が島田の近頃書くものは実につまらないと話たりするのを傍で聞いてゐたせいでもあらうと思ふ。
 すると三月廿日頃、島田が突然妹を電話に呼びだして「明日遊びに来ないか」と言ったので、妹は好奇心もあり、又私達兄弟の友人に沢山若い文学者があって、人格上何れも尊敬すべき人であるので、何らの杞憂もなく翌日出かけて行った。
 そして島田を「地上」の主人公大川平一郎のやうな男と思って行ってみると、丸で違った人格であったので、見事に予想を裏切られて失望して帰った。

島田は其日蓄音機をかけて聞かせたり洋行談をしたりした挙げ句に


指輪を見せろと言って妹の指から抜き取り、返して呉れと言っても今度来た時返すと言って、到頭返さないので午後二時頃から一時間ばかりで帰った。
 次に三月廿五日島田から妹へ最初の手紙が来た。
 それは、「この間は来て呉れて嬉しかった。また来ないか」といふ数行の文句であった。
 妹は彼に好意を持てなくなってゐたが、指輪を取り返したく廿八日の午後二度目の訪問をすると、指輪は返して呉れず、こんな指輪何だと罵り大法螺を吹くのですっかり恐ろしくなって帰ってきた。
 その後も電話がかかったが、私の家庭は厳格で、妹に男から電話が来たのは例のないことであるから、三月二九日に弟がドイツへ留学するので見送りがてら神戸へ行き、序で関西を旅行して暫く留守にすると言って電話に予防線を張ったが、その後も度々もう帰ったかもう帰ったかと電話がかかった。
 生憎女中が暇となってゐて、電話には自分が女中のやうな風で未だ帰らないと言ってゐた。
 すると四月四日に二度目の手紙が来た。
 それは暗示的に結婚の申込みを書いてあった。

読売新聞 大正十二年四月十四日


手紙 (文春文庫)
文藝春秋
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 手紙 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

大人の科学シリーズ9 ベルリナー式円盤蓄音機
学習研究社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大人の科学シリーズ9 ベルリナー式円盤蓄音機 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

地上―地に潜むもの
季節社
島田 清次郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地上―地に潜むもの の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"令嬢を監禁する迄 小説家島田清次郎の罪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント