テーマ:病気

ヘイの内と外と 精神病院

 「ノイローゼ」が流行らしい。機械文明が進むにつれて、精神病も増える一方だという。都立の精神病院長をしている友人を訪ねてみた。  ノイローゼやヒステリーのほかに、ほんものの精神病も増えてはいるのだが、それは人間が増えているからで、人口に対する精神病の発生率というものは、どこでもほぼ一定して増減はないものだと聞かされた。英米仏伊と似た率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄生虫 予防運動今日始まる

心臓病さえ起こす  農村には深刻な影響  九州では、ちょっとしたショックで死んだ子供のはらを解剖したら、回虫だらけで七百二十一匹も出てきたという例もありました。  農村では依然として”農村病”のトップ。  回虫のため、絶えず胃腸をこわしている農婦、十二指腸虫のために貧血して、農具も取れない主人など、農村にとっては目に見えない”社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天然痘盛返して深川に五名発生

千田町に四名 扇橋町に一名  きのふ初めて判明  先月来市民を脅かしてゐた天然痘も警視庁及び各署の努力によって、昨今新患者の発生も絶え、ほとんど終息の状態であったが、意外にも当局者の安心を裏切って八日深川から五名の真症患者が現はれ、その中の一名は死亡してゐることがわかった。  患者は深川区千田町の一家四人および同区の××(二九)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お前死んでも寺へはやらぬ

骨は産婦の栄養食品  古い俗踊に「お前死んでも寺へはやらぬ、焼いて粉にして酒で呑む」とは、栄養分に富むと云ふ問題でなく、女が男に捧げた愛情の極点であるが、近年骨を喰ふ人が出た。  古来総てに秘法と云ふものがあって、昔から日本に魚鳥又は骨髄は噛み砕いて喰ったもので、小鳥や鶏鴨などの骨は打ち砕いて団子のやうに丸めて煮たり、塩鮭生鮭の骨又…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more