テーマ:歌舞伎

六代目が涙ながらに五門弟を破門す

芝居道にも時代思潮は浸透して  内部から崩壊更新の時が来た  因習の久しい芝居道にも遂に時代の思潮が浸透して、その内部から崩壊更新の時が来た。  幸四郎の宗家堀越に対する態度もその一であった。  今度また、尾上の宗家、菊五郎の一門に、その俊足五人組の先駆者が出て、つひに六代目はその門弟中、例の七曜座の一派 -尾上葵雀、同しげる、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more