テーマ:動物園

猛り立つ檻の豹 少年を牙の下に

群がる人々は思はず顔をそむく  大阪動物園の異変  廿二日午後大阪天王寺動物園北園の豹の檻の前で、母親に連れられて見物中の少年長雄君(一五)が、高さ四尺余の人止めの鉄柵を乗越えて、檻の中に転がってゐる奉祝様マークを拾はうと右腕を鉄格子の間から檻中に差込んだので、見物人らが「危ない!」と叫んだ瞬間、コンクリートの山上にうずくまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more