テーマ:レジャー

シュノーケルは無害

業者代表 16府県に異議申し立て  この夏、全国で14人の水死者(うち少年11人)を出した簡易水中呼吸器シュノーケルについて、全国37道府県が児童福祉法、青少年保護育成条例などを適用、危険なおもちゃとして発売金措置や禁止勧告をした。  ところが、業者代表はこのほど、勧告より厳しい禁止措置をとった16府県の知事に対し、「シュノーケルは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more