テーマ:学校

まず武蔵高校から 試験地獄蓋開け

心配顔の父兄たち  府下中等学校最初の入学試験  武蔵高等学校尋常科の試験が25日板橋区中新井の校舎で行われた。  定員80名に受験人員は597名。郊外の泥濘の道を父兄の傘の下に入って、受験生たちは嵐に逢った小鳩のように胸を震わせて先生に幾度も教えられた言葉 - 「落ちついて、落ちついて」を繰り返しながら、午後8時同校に集まった。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

たった二反歩で紺綬褒章伝達式

浅間しい地主の悪企みから  岩手県下に珍疑獄 公共事業に一万円以上のものを寄付すると紺綬褒章を下賜されると聞き、岩手県の山奥二戸群荒澤村の地主で、この褒章欲しさに八年前自分が小学校敷地として寄付した二反九畝、当時の価格約五百円の畑を土地台帳上で巧に八反歩余に引のばし、一万余円の価格として同村に寄付、採納願ひをだし、村会は昭和三年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more